お散歩のススメ。

2015年になりました〜!

あけましておめでとうございます!
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

年末年始の暇つぶしにでも、、なんて書いてしまいましたが、
昨日は、もうUターンラッシュだったんですね。
お正月も終わりですか…。
三が日は、雪でたいへんなところもあったようですね。
大阪市内はほんの一瞬吹雪いた感じでしたが、すぐにやんで積もる感じではまったくなかったです。

いまどきは、お正月といっても凧揚げとか、外で遊んだりってあまりないんですかね?
お散歩していても、すごく静かで、子供たちが元気に遊んでる様子がまったくといっていいほど感じられませんでした。
たまたまなんですかね。

そんななか、「できたぁっ!」とゆー、女の子の大きな声が聞こえました。
なに?と声がした方を見て見ると、大きな自転車に乗る小学4年生くらいの女の子と、50メートル位離れたあたりにお父さんとおもわれる大人が。
どうやら自転車に乗る練習をしてて、ちょうど成功したところだったようす。
離れたところにいましたが、嬉しく、興奮した様子が伝わってきました。
新年早々、いー光景を見せてもらった気がしました!
何をとゆーわけではないのですが、なんだかやる気がわいてきました。

さて、2015年、最初の展示となる「大阪港お散歩写真展2」は、昨年11月の終わりに開催した「大阪港お散歩撮影会2」にご参加いただきましたみなさまによる写真展です。
寺田町のギャラリー「太陽とハリネズミ」さんと半分に分かれて展示しますので、両方でまた違ったものがご覧いただけます。
いずれにしても大阪港(天保山)の新しい魅力に気付いていただけるものになるのではないかと。

前回の「大阪港お散歩撮影会&写真展」でも驚きや発見がありました。
同じ時間、同じ場所にいても、撮影者が変わるだけで違った画になるのがおもしろいです。
自分では見つけられなかったものが、写真展で気づかされたりして、またお散歩したくなります。

そんな撮影会様子を少しだけご紹介。

11月の撮影会では、グルッグで集合ののち、長年銭湯をされていた「築港温泉」へ移動。
築港温泉は、現在は廃業されている昔ながらの銭湯です。
まずは、築港温泉にて港区在住の落語家・桂福丸さんによる創作落語「天保山物語」を楽しみました。

落語を聴いたあとには、銭湯の中での撮影会。
銭湯に魅力があるのか、昔ながらのレトロな雰囲気に惹かれるのか。
おそらくは両方なのだとおもうのですが、体重計やマッサージ器、鏡台など昭和を感じさせるものやタイル、壁紙に至るまで、いちいち気になってしまいます。
お風呂屋さんで写真を撮るなんてことはなかなかできないこともあり、大興奮で楽しみました〜。
今回のDMに使用された集合写真は、女湯のなかで築港温泉のご主人に撮影していただいたこだわりのカットですw
ご協力誠にありがとうございました。

脱衣場に飾られていた、ご主人が撮影されたとゆー大阪港(天保山)の美しい夕日の写真を眺め、このような美しい夕日になることを祈りつつ、築港温泉を後に。

「日本一低い山」とされる天保山にまつわる落語を聴いただけに、天保山公園へ足をのばしたいところでありましたが、またとゆーことにして、次なる目的地「海遊館」へと向かいました。

「海遊館」は、「地球とそこに生きるすべてのいきものは互いに作用しあう、一つの生命体である」とした考え方をもとにつくられた水族館。
「太平洋」を中心に、北にある「アリューシャン列島」は北側に、「南極大陸」は南側にと、実際の地理関係なども考えて水槽が配置されているのだそう。
「日本の森」の空から川を伝って海へと繋がり、海中、海底へと進み、それぞれに生息する生き物たちに出会えるようなつくりとなっています。
地球のこと、自然のこと、いきものたちのこと、それらの繋がりについて、いろんなことを教えてくれる大好きな水族館です。

わくわくしながら入館!
と、入口までの階段にもイルミネーションの撮影スポットがあったり、大きく開けたサメの口の前で記念写真を撮ったり、存分に楽しんだあと、今度こそ中へ。
集合時間を決め、出口で集合することにし、それぞれのペースで自由に撮影することに。

すみません。
自分の役割も忘れ、思う存分、海遊館を楽しんでしまいました〜(笑)
イルカの親子が泳いでいたり、太平洋の水槽では、サンタさんが泳いでいたりと思いがけない場面にも遭遇。
なんて楽しいのでしょうか。
あっとゆー間に時間が過ぎてしまいました〜
時間配分を誤り、ここ何年かでさらなる進化を遂げている「新体感エリア」は、ほとんど観ることができませんでした。
ほぼ素通りでしたが、ワモンアザラシがいる水槽のところから見える夕日は素晴らしいものであることはわかりました!
この日は人が多くて写真をがっつり撮れる感じではなかったですが、水面にのびるオレンジの道が高い位置から望める場所は、意外に少ない貴重な場所、ここからの夕日はオススメです。
年間パスの購入を心に誓った1日となりました。

夕日の撮影のため、ダイヤモンドポイントへ移動します。
家族連れやカップルなど夕陽を眺めに人が集まってきていました。
前日の予報では心配されたお天気でしたが、この日は朝からお天気も回復し、安心して大関門に沈む夕陽を観ることができました。
ここで一旦解散、イルミネーションの撮影のため海遊館前のイベント広場へ戻ったところ、ちょうどペンギンパレードの終わりの時間、ちょっとだけ間に合った者もあり、間に合わなかった者もありな感じでした。

ちょっとしたテーマパークのようになったイルミネーションを楽しみ、近くの日本酒が安く飲めるお店に皆様をお連れし、ご機嫌さんになる前に、展示場所のあみだくじをして無事撮影会は終了となりました。

さて、みなさんどんな場面を切り取ったのでしょうか?
楽しみですね。
太陽とハリネズミでは1月16日(金)から、グルッグでは1月19日(月)からの開催です。
会期は短いのでお見逃しないようお早めに。

ご覧いただいてから、大阪港(天保山)を散歩すると、また新たな発見があって楽しくなりますよ〜。
海遊館のイルミネーションもまだまだ楽しめますので、ぜひお立ち寄りくださいね。




タイハリ×glögg(グルッグ)合同企画

「大阪港お散歩写真展2」

大阪港お散歩2DMメイン

会期/1月19日(月)〜25日(日)(火曜定休/最終日は17時まで)
出展/ごうだやすし・日月裕太・中野利彦・ワダナオミ
会場/glögg(グルッグ)


会期/1月16日(金)〜25日(日)(金土日の12:00~19:00/月~木は定休)
出展/飯尾奈津実・オオツカタダアキ・菅多喜子・辻井英里
会場/太陽とハリネズミ
〒545-0001 : 大阪府 大阪市阿倍野区天王寺町北2丁目2-7-3F
TEL:06-6777-0924




glögg(グルッグ)
OPEN / 11:30-19:30 (火曜休み)
大阪市営地下鉄 中央線「大阪港駅」下車 4番出口より徒歩約3分
地図はこちら

〒552-0021
大阪市港区築港2-8-29 播磨ビル2F glögg
TEL / 06-6572-6911
E-mail / glogg2012@gmail.com






スポンサーサイト
2015-01-04 : イベント・ワークショップリポート :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

glögg

Author:glögg
大阪の天保山(大阪港)にあるギャラリー・雑貨glögg(グルッグ)です。

昭和レトロな青いタイルのビルの2F、大きな窓から光が差し込むゆったりとしたスペースで、雑貨はアート、クラフト作家さんものを中心に販売、気まぐれにワークショップなども開催しております。
図書スペースなどもございますので、ゆったりとした時間をお過ごしいただけましたら幸いです。

個展、グループ展などスペースのご利用は随時募集中です。
参加者を募っての企画展なども開催しております。
展示が初めてという方もどうぞお気軽にご相談くださいませ。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

つぶやき

検索フォーム

QRコード

QR

またのお越しをお待ちしております。