fc2ブログ

2022。とら

2022トラ
始まりましたね。2022とらどし。
今年は何年か前に天王寺動物園?で撮ったトラ。
外の変化にも大きなトラにも惑わされずマイペースに歩くトラに見えたので。


連日の青空と暖かい日差し。
気持ちの良い始まりとなりました。
良き1年になりそうな予感がします。なんや知らんけど(笑)
2022年はみんなが笑って過ごせる良い1年となりますように。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。





glögg(グルッグ)

ツィッター/@glogg_osakako
フェイスブック/ギャラリー雑貨glögg(グルッグ)
インスタグラム/@glogg_osakako













2022-01-03 : 未分類 :
Pagetop

水粒。

今年も残すところひと月切っちゃいましたね。

気がつけば12月になってました。
ただいまジタバタしております。

みつぼバトン


北浜にある BE=Lab & Gallery で開催される「Baton-想いをつなぐ-」に少しだけですがmitsuboで参加してます。
MioEcruのカバンを中心に陶器、ガラス小物、布小物など6組が参加した展示販売です。

mitsuboはろうけつ染作家の井上美央とtsubによるユニットで水粒(みつぼ)とは水泡や水玉のこと。
パネル作品などの制作過程からこぼれた色のかけらを水粒になぞらえ、水が形を変えながら循環するように色の粒が形を変えます。
ソーダ水の泡のように、溶けゆく前のキラキラやワクワクを感じながら作品作りをしています。

みつぼチョコ

以前からの宿題の一つでもありました。
作品からこぼれたハギレをどうにかできないものかとボタンにしていたものを少し進化させてみました。
昨年のBaton展の時には、ボタンから先になかなか進めずにいたのにmitsuboの名前だけは決まってました!
現在もあれやこれやと試行錯誤を重ねておりますが、まずは少しだけでもと参加することになりました。

みつぼ水粒

mitsuboとローマ字で書いたらmio と tsubになったので私はtsub(つぶ)とゆーことにしました。
水粒だし、つぶって響きもよくってなんか可愛らしいし、いろんな物語を含んでてtsubいいよねって。
得意?の後付けです。

12月8日(水)〜12日(日)までの5日間。
初日のオープン直後は少しの間だけですが在廊する予定です。
お時間合えばお立ち寄りくださいませ。

ちなみに、BE=の帰りはいつもパンを買って帰ります。
すぐ近くにある「まんぷくベーカリー」さんは、夕方以降でも種類豊富なパンが置いてあっておすすめ。
あれもこれも食べたくなってついつい買いすぎちゃって、食べすぎちゃうループ。
BE=に行く時のもう一つのお楽しみです。


===================================

「Baton - 想いをつなぐ -」
2021.12.8 (水)〜 12(日)
13時〜19時(最終日は18時まで)
MioEcru / emY / shiroco / でがいとあい / mitsubo / riiro

BE=Lab&Gallery
〒540-0039 大阪市中央区東高麗橋2-28 コジマビル2階

baton






glögg(グルッグ)

ツィッター/@glogg_osakako
フェイスブック/ギャラリー雑貨glögg(グルッグ)
インスタグラム/@glogg_osakako

2021-12-07 : 未分類 :
Pagetop

たまご。

10月もあと少しで11月。
今年もあと2ヶ月ってことですね。
毎度のことながら時が流れるのは早いです。

ふと、10月5日はたまごの日なんじゃないかと思いつき、ネットで検索してみたら、
たまごの日は6月9日、11月5日がいいたまごの日なんだそう。
まぁ毎月5日もたまごの日となってるようなので、間違いでもなかったですが。

たまごは大好きなので良く食べます。
最近はゆで卵が多いけど、目玉焼きも卵焼きも好き。
学生時代のお弁当には必ず卵焼きを入れてもらってました。
母の卵焼きが大好きです。

前回、母の焼き飯がまずかったと書いたけど、まるで母の料理が全部まずいみたいになってたら申し訳ないな〜と美味しかったのも書かなくっちゃと思って最初に浮かんだのが卵焼き。

母は結婚した時に作れた料理は卵焼きと味噌汁だけだったらしく、
結婚前の父とのデートに持っていったお弁当も実はおばあちゃんが作ったものだったと言っていた。
父が全部美味しかったからおばあちゃんが作ったのはわかってたといってて、母は卵焼きだけは自分で作ったと言い張ってて。
本当のところどうなのかおばあちゃんに確認したなぁと懐かしい気持ちになりました。

それにしてもほんと母の料理に関しては、もういっぱいつっこみエピソードがあって。
「激マズ野菜サイダー」「顎が疲れる本わらび餅」「幻のフレンチトースト」「逆ギレ弁当ストライキ事件」などなど。
ってあかんあかん。またディスってるみたいになってまうな。笑。


今は毎朝のようにゆで卵を作ってくれます。
茹で具合にはこだわってるらしいけど、卵焼きは面倒らしくなかなか作ってくれません。
どうやって母の卵焼きを食べようか、近頃の課題になってます。






glögg(グルッグ)

ツィッター/@glogg_osakako
フェイスブック/ギャラリー雑貨glögg(グルッグ)
インスタグラム/@glogg_osakako
















2021-10-29 : 未分類 :
Pagetop

謎。

毎日とんでもなく暑い日が続いてますね。
みんな元気にしてるのでしょうか?なんて書きかけてたら、連日の雨模様。
お盆もすっかり終わってしまってました。

終わってしまったといえば、近藤史恵さん原作のドラマ「シェフは名探偵」。
毎週のお楽しみにしていたので終わってしまって寂しい。。
あの「ビストロ・パ・マル」の空気感ほんと好きだったな〜。

で、ドラマの最終回を観てて、ふと考えた。
私の場合、受け継いだ味、受け継ぎたい味ってなんだろう?



おばあちゃんの料理は何食べても美味しかった。
真っ先に思い浮かぶのが焼き飯と鶏天。

私はおばぁちゃんの焼き飯がほんとに大好きだった。
母の焼き飯は対照的で、人参も玉ねぎもゴリゴリでご飯は味も薄くてべちゃべちゃで。。。
父は文句も言わずに食べてたけど、なかなか問題が解決されることもなく、
ちょっとした罰ゲームのようなこの状況を何とかしなくてはと子供ながらに考えた。

そこで、おばあちゃん家に行っては「焼き飯が食べたい!」と作ってもらい、
どうやって作ってるのかを、ピッタリとひっついて観察した。
それからは「焼き飯を作りたい!」と言って母に材料を切ってもらい、焼き飯の担当になった。

回を重ね美味しく作れるようになったものの、おばあちゃんの味とは何かが違う。
おばあちゃんにもあれやこれやと聞いてみたけど、何が違うかわからないと言う。
観察を何度も繰り返し、何度も試してみたけど、なかなかおばあちゃんの味にはならない。

ある時、醤油と塩の順番が違うことに気がついた。
順番を変えるだけで味が間違いなく変わった。おばあちゃんの焼き飯だ!
料理の基本さしすせそが必ずしも正解ではないことを学んだ。
追い求めたその味に近づけた時にはもう高校生くらいになってたんじゃなかったかしら。

いまはもうおばあちゃんに作ってもらうことはできないけど、
それでも大好きだったおばあちゃんの焼き飯がいまも食べられる幸せ。

お店の味だったり市販の食品だったりもきっと同じ。
あれ、あの味が食べたいねん!と思った時に食べることができるのは本当にありがたい。
そんな大好きに出会うために、食べたことのない新しい味を探すのもまた楽しい。
どっちも好き。

あ、これって料理だけじゃなく、いろんなことに当てはまるな。
そんなことを考えたこの夏のお話でした。


そういえば、めっちゃ飲みすぎた次の日は、なぜかチキンラーメンが食べたくなります。
ラーメン屋さんのラーメンではなく、あのインスタントのあの味。
なぜなんだろう???
いまだに謎は解けないままです。

謎







glögg(グルッグ)

ツィッター/@glogg_osakako
フェイスブック/ギャラリー雑貨glögg(グルッグ)
インスタグラム/@glogg_osakako




















2021-08-22 : 未分類 :
Pagetop

コンサート。


心温まるとても素敵なコンサートでした!

コンサート表紙

フランスで出版された絵本「Concerto」。
とあるコンサート当日の朝から夜まで、1日の様子が描かれています。

コンサート4

コンサート3


この作品は、銅版画作家大越順子さんの初めての絵本「Concerto」。
フランスの出版社lirabelleより出版されました!
おめでとうございます!
ボローニャの旅が実ったのですね〜。
なんだかとっても感慨深いです。
ほんとにほんとによかった。おめでとう!


コンサート1


開演前のそわそわやドキドキ、会場のざわざわとした高揚感、静まり返った会場に響くピアノの音色、拍手や歓声に包まれる温かい会場の空気感をリアルに感じられ、とてもハッピーな気分になりました!

全編にわたり語りやセリフは一切出てこない版画のみで描かれた絵本。
音大でピアノを専攻されていた大越さんならではの描写がリアルにコンサートを体感させてくれるのかなぁとか、
モノクロで色がないから、より自身の体験や記憶とリンクしやすいのかなぁなんて思ってみたり。
文字はなくても随所に愛が溢れていて、声や音が、温かさが伝わってくるとても素敵な絵本でした!
生のコンサートに行きたくなっちゃいました!
たくさんの人に響くといいなぁ。

コンサート2

この絵本は、「2021イタリア・ボローニャ国際絵本原画展」
◇東京板橋区立美術館 7/17(土)〜 8/15(日)
◇西宮大谷記念美術館 8/21(土)〜 9/26(日)
で販売予定されています(※大越さんの展示はありません)

また西宮のボローニャ展会期中には、甲子園にあるギャラリーアライさんで大越さんの絵本原画展の開催、販売の予定もあるのでぜひ足を運んでいただけたらなと。

現在は、紀伊国屋書店のWEBストアの洋書での取り扱いがあるようですが、申し込みから到着まで時間がかかると思われるので、案外会場で手に入れるのと変わらないのかも。
会期後半とかしかいけなくて品切れになってしまったらまたお預けにはなっちゃいますが、、、。
でも、まぁ原画ならではの良さは一見の価値ありなのでぜひ生で。
とっても楽しみです〜。

あ、そーいえばボローニャの旅についてのブログまだでした。
って何年経ってんねん!ですが、、、。
先日写真データ整理してて、まぁまぁ浮かれた写真とかも出てきたので、今度こそ記憶を辿ってみようと思います。
乞うご期待??






glögg(グルッグ)

ツィッター/@glogg_osakako
フェイスブック/ギャラリー雑貨glögg(グルッグ)
インスタグラム/@glogg_osakako
2021-06-19 : 未分類 :
Pagetop
« 前のページ  ホーム  次のページ »

プロフィール

glögg

Author:glögg
大阪港にて企画展や個展などの展示、ワークショップ、イベントの開催、他スペースなどへお出かけしてのイベント開催、出展などの活動を行い2019年1月をもってglöggの大阪港(天保山)での営業はひとまず終了いたしました!
ありがとうございました!
今後についてはおいおい。

カレンダー

05 | 2023/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

つぶやき

検索フォーム

QRコード

QR

またのお越しをお待ちしております。