fc2ブログ

謎。

毎日とんでもなく暑い日が続いてますね。
みんな元気にしてるのでしょうか?なんて書きかけてたら、連日の雨模様。
お盆もすっかり終わってしまってました。

終わってしまったといえば、近藤史恵さん原作のドラマ「シェフは名探偵」。
毎週のお楽しみにしていたので終わってしまって寂しい。。
あの「ビストロ・パ・マル」の空気感ほんと好きだったな〜。

で、ドラマの最終回を観てて、ふと考えた。
私の場合、受け継いだ味、受け継ぎたい味ってなんだろう?



おばあちゃんの料理は何食べても美味しかった。
真っ先に思い浮かぶのが焼き飯と鶏天。

私はおばぁちゃんの焼き飯がほんとに大好きだった。
母の焼き飯は対照的で、人参も玉ねぎもゴリゴリでご飯は味も薄くてべちゃべちゃで。。。
父は文句も言わずに食べてたけど、なかなか問題が解決されることもなく、
ちょっとした罰ゲームのようなこの状況を何とかしなくてはと子供ながらに考えた。

そこで、おばあちゃん家に行っては「焼き飯が食べたい!」と作ってもらい、
どうやって作ってるのかを、ピッタリとひっついて観察した。
それからは「焼き飯を作りたい!」と言って母に材料を切ってもらい、焼き飯の担当になった。

回を重ね美味しく作れるようになったものの、おばあちゃんの味とは何かが違う。
おばあちゃんにもあれやこれやと聞いてみたけど、何が違うかわからないと言う。
観察を何度も繰り返し、何度も試してみたけど、なかなかおばあちゃんの味にはならない。

ある時、醤油と塩の順番が違うことに気がついた。
順番を変えるだけで味が間違いなく変わった。おばあちゃんの焼き飯だ!
料理の基本さしすせそが必ずしも正解ではないことを学んだ。
追い求めたその味に近づけた時にはもう高校生くらいになってたんじゃなかったかしら。

いまはもうおばあちゃんに作ってもらうことはできないけど、
それでも大好きだったおばあちゃんの焼き飯がいまも食べられる幸せ。

お店の味だったり市販の食品だったりもきっと同じ。
あれ、あの味が食べたいねん!と思った時に食べることができるのは本当にありがたい。
そんな大好きに出会うために、食べたことのない新しい味を探すのもまた楽しい。
どっちも好き。

あ、これって料理だけじゃなく、いろんなことに当てはまるな。
そんなことを考えたこの夏のお話でした。


そういえば、めっちゃ飲みすぎた次の日は、なぜかチキンラーメンが食べたくなります。
ラーメン屋さんのラーメンではなく、あのインスタントのあの味。
なぜなんだろう???
いまだに謎は解けないままです。

謎







glögg(グルッグ)

ツィッター/@glogg_osakako
フェイスブック/ギャラリー雑貨glögg(グルッグ)
インスタグラム/@glogg_osakako




















2021-08-22 : 未分類 :
Pagetop

コンサート。


心温まるとても素敵なコンサートでした!

コンサート表紙

フランスで出版された絵本「Concerto」。
とあるコンサート当日の朝から夜まで、1日の様子が描かれています。

コンサート4

コンサート3


この作品は、銅版画作家大越順子さんの初めての絵本「Concerto」。
フランスの出版社lirabelleより出版されました!
おめでとうございます!
ボローニャの旅が実ったのですね〜。
なんだかとっても感慨深いです。
ほんとにほんとによかった。おめでとう!


コンサート1


開演前のそわそわやドキドキ、会場のざわざわとした高揚感、静まり返った会場に響くピアノの音色、拍手や歓声に包まれる温かい会場の空気感をリアルに感じられ、とてもハッピーな気分になりました!

全編にわたり語りやセリフは一切出てこない版画のみで描かれた絵本。
音大でピアノを専攻されていた大越さんならではの描写がリアルにコンサートを体感させてくれるのかなぁとか、
モノクロで色がないから、より自身の体験や記憶とリンクしやすいのかなぁなんて思ってみたり。
文字はなくても随所に愛が溢れていて、声や音が、温かさが伝わってくるとても素敵な絵本でした!
生のコンサートに行きたくなっちゃいました!
たくさんの人に響くといいなぁ。

コンサート2

この絵本は、「2021イタリア・ボローニャ国際絵本原画展」
◇東京板橋区立美術館 7/17(土)〜 8/15(日)
◇西宮大谷記念美術館 8/21(土)〜 9/26(日)
で販売予定されています(※大越さんの展示はありません)

また西宮のボローニャ展会期中には、甲子園にあるギャラリーアライさんで大越さんの絵本原画展の開催、販売の予定もあるのでぜひ足を運んでいただけたらなと。

現在は、紀伊国屋書店のWEBストアの洋書での取り扱いがあるようですが、申し込みから到着まで時間がかかると思われるので、案外会場で手に入れるのと変わらないのかも。
会期後半とかしかいけなくて品切れになってしまったらまたお預けにはなっちゃいますが、、、。
でも、まぁ原画ならではの良さは一見の価値ありなのでぜひ生で。
とっても楽しみです〜。

あ、そーいえばボローニャの旅についてのブログまだでした。
って何年経ってんねん!ですが、、、。
先日写真データ整理してて、まぁまぁ浮かれた写真とかも出てきたので、今度こそ記憶を辿ってみようと思います。
乞うご期待??






glögg(グルッグ)

ツィッター/@glogg_osakako
フェイスブック/ギャラリー雑貨glögg(グルッグ)
インスタグラム/@glogg_osakako
2021-06-19 : 未分類 :
Pagetop

湿度55%

気がつけば5月もあと少し。
紫陽花も見頃になってきました。
近ごろは露草もちらほらと見かけたりするもんだから、すっかり梅雨気分にも慣れちゃった感じになっていて、
ぼんやりしてたらうっかりひと月まちがえちゃいそうなくらい。
晴れた日の突き刺すような陽射しは夏を思わせますしね。

あ、でも、梅雨らしく雨が多い割には、ムシムシ暑さがまとわりついてなんかイライラするっ!みたいな湿度の高いあの嫌な感じはまだないかな。
風を感じられてます。

湿度は低すぎても高すぎても色々と困りごとが発生してしまう。
快適に過ごせる湿度が40%〜60%なんだそう。

乾いているわけではないけれど、じめじめしているわけでもない。
ちょうど気持ちいい湿度、“55%”がテーマの写真展「湿度55%」。
写真を通して伝わる皮膚感覚の共有。
グルッグ で開催したのは2013年の秋のことでした。


風が吹く時1風が吹く時2風が吹く時3風が吹く時4風が吹く時5


グループ名の「hygge」とういうことばは当時まだそこまで世間的にも認知されてなかったような気がします。
「ぬくもりややすらぎにあふれた時間」という意味のデンマーク語。
なにげないけど心があたたかくなる瞬間を写真で表現しようということで名付けられたこの名前をとても気に入っています。自分が写真を撮ってるときの感覚にもぴったりなことばだなぁとウキウキしたことを思い出します。

グルッグ を始めるにあたって名前をどうしようかと考えてた時、最初に頭に浮かんだのは実は「hygge」だったんですよね〜。でも、おんなじ名前は使えないしなぁ〜とデンマーク語の本「旅の指さし会話帳」をパラパラとめくってた時に字面が可愛くて目に留まったのが「glögg」。
意味は後から知ったので、クリスマスに特に思い入れがあったわけでもなく、glöggを飲んだこともなく、北欧に特別な関わりがあるわけでもなくと、最初から探していたことばではなかったのです。

にも関わらずぴったりな名前に出会ったな〜と今でも思います。
でかした私!いや、でかした旅の指さし会話帳!ってね。
とはいえ、この本が本領を発揮するのは旅先。
本来の使い方ができるのはまだしばらく先になりそうですが、頁をめくっていると旅の準備をしているような気になってくるから不思議。

気の向くままにいつでも旅行が楽しめるようなそんな日常が早く戻ってくることを願いつつ、地図でも眺めながら妄想旅行を楽しむとしましょうかね。
湿度55%に整えた心地よい部屋の中で。





glögg(グルッグ)

ツィッター/@glogg_osakako
フェイスブック/ギャラリー雑貨glögg(グルッグ)
インスタグラム/@glogg_osakako

















2021-05-28 : 未分類 :
Pagetop

たまには。

もうすぐ5月。
空の青と樹々の緑が気持ちいいー。
ツバメもあっちへこっちへすごいスピードで飛び回ってて気持ち良さそう。
今年も花が咲いたなぁ。若葉が育ってきたなぁなんて。

2021若葉

日々季節を感じられているものの、前にもそんなこと書いたなぁ、1年たったってこと?
あれ?いま何年だっけ?2020年?21年?22年?
遡ってひとつづつ確認していかないとわからないくらいになってきたかも。

このブログも新ためまして何か告知できるようなこともないままで、代り映えしないですが、ざっくり月1のおかげでなんとか続けられております。
意外な知人や友人とかに「たまに観てるよ〜」と言われることが何度かあって。
まめに連絡とかしないしね〜と軽く反省しつつも、ありがたい限りです。
これでも続いてる方やと自覚してます。
牛歩よりもさらにちびちびとした歩みではありますが、何かしら前進してるハズとゆーことにして日々楽しんで過ごせております。ご安心ください。
まだしばらくはどーでもいいよな話が続くと思われますが、これからも緩く気ままに続けられたらいいかなと思ってます。

コロナにかかわらず、体調がおかしくなると心も疲れてしまうので(逆も然り)、できるだけ無理しすぎないようご自愛くださいね。

2021ツバメ




glögg(グルッグ)

ツィッター/@glogg_osakako
フェイスブック/ギャラリー雑貨glögg(グルッグ)
インスタグラム/@glogg_osakako





2021-04-28 : 未分類 :
Pagetop

奏。

気がつけば3月に入ってました。
2月は28日までだった。。

はやっ!ですが、たくさん春の花が咲き始めてるので、あぁ3月だよね〜って感じはしてます。
あったかい日が多いですしね。

春を感じているからなのか、ここのところ野鳥も忙しそうで賑やか。
少し前までは散歩の時やお買い物の時などイヤホンで音楽を聴いていることが多かったのですが、
最近は小鳥たちの合奏を楽しんでます。
いろんな鳥の声が重なってまるで音楽に包まれているような気分になって心地よいです。

それぞれのパートを聴き分けられたらなぁと耳を澄ませ聴いてみたりもするのですが、なかなか聴き分けられず。

スズメのように姿がわかっていてもいざ声だけで判断しようとするとわからないことが多い。
これまで疑問に思うこともなく、スズメはチュンチュンでしょって思ってたけど、チュンチュンとはなかなか聴こえない。
いろんなパターンがあるみたいで、声を聴いて違う鳥だと思っても姿を見せると意外とスズメだったりも多い。

姿が明確に確認できないけど声で何の鳥か調べてみようとするのだけれど、鳴き声を文字に変換するのがこれまた難しい。
鳥に限らず、猫のニャーがミューとかミャーオ、犬のワンワンがバウワウだったり、聴く人が変われば聴こえ方も変わるので正解が一つではないがゆえになかなか確定できません。
それでも、あれかなこれかなと探している時間も、一つに重なって聴こえてる時間もどっちも楽しい。

まだ声と姿は一致してませんが、連日の音楽会のだいたいの出演者はわかってきました。
スズメ、ヒヨドリ、ムクドリ、ツグミ、ジョウビタキ、メジロ、ウグイス、ハト、カラス。
まだ他にもシークレットゲストがいると思うのですが、、、。

あ、そーいえばたまにオカリナだったり三線だったりトランペットだったりが響いていたりもして、いー感じでミックスされてます。
春はまだまだこれからが本番。
桜とセッションを楽しむメジロとヒヨドリの楽しげな歌声は毎年この季節のお楽しみ。
引き続き春の音楽会を楽しみながら過ごします。


ジョウビタキ1





glögg(グルッグ)

ツィッター/@glogg_osakako
フェイスブック/ギャラリー雑貨glögg(グルッグ)
インスタグラム/@glogg_osakako






2021-03-05 : 未分類 :
Pagetop
« 前のページ  ホーム  次のページ »

プロフィール

glögg

Author:glögg
大阪港にて企画展や個展などの展示、ワークショップ、イベントの開催、他スペースなどへお出かけしてのイベント開催、出展などの活動を行い2019年1月をもってglöggの大阪港(天保山)での営業はひとまず終了いたしました!
ありがとうございました!
今後についてはおいおい。

カレンダー

07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

つぶやき

検索フォーム

QRコード

QR

またのお越しをお待ちしております。